女性の避妊薬|生理時に悩まされるPMSは病院で治せる!

生理時に悩まされるPMSは病院で治せる!

ドクターとナース

女性の避妊薬

錠剤

入手方法や副作用など

ピルとは経口避妊薬のことで、女性が飲むことで望まない妊娠を防ぐことが出来ます。避妊をするのに購入したいけれど入手するにはどうしたら良いのか、また薬を飲むことで副作用があるのかなどを知りたい方の為にその知識を少し紹介します。ピルは産婦人科などで診察を受けてから処方される薬で普通の薬局などでは購入することが出来ません。現在処方されるのは低用量タイプで、以前使われていた用量よりは副作用が少なくなっていますが吐き気や不正出血などが起こることはあります。大阪で購入するには婦人科や産婦人科などに行って低用量ピルを処方してほしい旨を伝えて下さい。診察を受けてピルを飲んではいけない病気や症状がなければ処方箋を出してもらえます。

避妊以外の利点など

ピルには避妊だけではなく生理の周期を正しくしたり、生理を軽くしたりする作用があり、PMSと呼ばれる月経前症候群である乳房や下腹部の痛みや頭痛や腰痛などを軽減する効果もあります。また、ホルモンのバランスを安定させることで更年期の症状や骨粗鬆症を予防する効果もあり、加えて女性のがんなどのリスクを下げることもわかっています。大阪にはピルの処方をしてくれる産婦人科などが沢山あります。特にピル外来を設けている大阪のクリニックもあって問診だけを行い、比較的安く入手することも可能です。低用量ピルのほかに避妊に失敗したときに72時間以内に飲んで緊急避妊を行うアフターピルや生理日をずらす月経移動のピルなども大阪の産婦人科で処方してもらうことが出来ます。